a brilliant donut

医療を中心とした、話題を。いつか、どこかで、誰かの役にたてば幸いです。

ゆうしょくが やしょくになっては いませんか

 f:id:abrilliantdonut:20171116180420p:plain

 

夕食を遅くすると、体重や血糖値には影響すると言われています

  

さて、夕食と夜食

 

この違いは何でしょうか?

 

特別な言葉の定義は現時点ではされていないようですが、夜食は

・夕食の後に食べる食事

・夜遅くに食べる食事

を指しているようです

 

いずれにしても、寝る時間に近しい食事には注意するのがよさそうです

 

夕食が、実は遅くなって、いわゆる夜食の時間にとっている

 

なんてことはありませんか?

 

夕食と夜食の違いを意識するのも大切かもしれませんね

 

くれぐれも、遅い時間に食べ過ぎないように気をつけましょう

 

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kenkokyoiku/25/3/25_151/_pdf

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kenkokyoiku/24/4/24_205/_pdf

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/metabolic/m-02-004.html

クラミジアかクラミドフィラか?

・一旦、クラミジアとクラミドフィラに分けるように分類された

・しかし、現在は元の通りにクラミジアに統一しているようである

・ちなみに、これは生物学的分類における”属”名の話である

 

クラミジア感染症

書籍で、ChlamydiaとChlamydophilaというつづりをみることがあり、

違いを調べてみました

 

・生物を分類する時は、生物学的に階級をつけて分類をしている

 (ex)ヒト;動物界・脊索動物門・哺乳綱(哺乳類)・サル目・ヒト科・ヒト族・ヒト属・ホモ・サピエンス種(ヒト種))

 

クラミジアクラミジア“科”で、下位階級として“属”と“種”を設けている

 

・一時期(1999年)、“属名として” クラミジア属とクラミドフィラ属に

 分類する提案がなされた(Int. J. Syst. Bacteriol. 49: 415-40, 1999)

 

・しかし、その後、再び、属名を分けるではなく、単一でよいとした

 (Int J Syst Evol Microbiol. 2010;60(Pt 11):2694.Int J Syst Evol Microbiol.  

 2017;67(2):512. Epub 2017 Feb 24. )

 

とのことでした。

 

つまり、生物学的に“属”の部分でクラミジア、クラミドフィラへの分類が

一時期、なされたようです(これは遺伝子配列に基づくものとのことです

(Int. J. Syst. Bacteriol. 49: 415-40, 1999))

 

現在のところは、元に戻っており、特に気にすることはなく、

 

クラミジア感染症と呼称してよいのだと思われます

 

f:id:abrilliantdonut:20171114181230p:plain

f:id:abrilliantdonut:20171114183415p:plain

参考)

https://idsc.niid.go.jp/iasr/25/294/dj2941.html

www.uptodate.com

 

戸籍謄本と戸籍抄本〜謄と抄〜

・戸籍謄本;戸籍のすべて

・戸籍抄本;戸籍の一部

・謄は原本のまま、抄は一部という意味

 

先日、戸籍謄本・抄本をもらいに行った時に、どっちがどっちかわからなくなってしまいましたので、少し調べてみました。

 

戸籍謄本=戸籍の全てをうつしたもの

戸籍抄本=戸籍の一部をうつしたもの

 

漢字の成り立ちを理解しておくと、いざという時に間違えにくくなるかもしれません

 

謄;(音読み)トウ、(訓読み)うつ(す)

・・そもそも勝と同じで、朕という言葉が元にあるらしい。朕は「上(表面)に上がる」というイメージがあるので、勝は力で上にあがる、謄は言葉が表面にあがる、すなわち、原本の上に紙などをおいてうつしだすということから、原本を書き写すということになるらしい

 

抄;(音読み)ショウ、(訓読み)すく(う);

・・抄はテヘンに少ないなので、少しすくいとるという意味になるようです

 

 

標準偏差と標準誤差

標準偏差はデータの平均値からのバラツキを示す

・標準誤差はデータの平均値自体のバラツキを示す

 

なかなか、理解できなかったので改めて確認してみました。 

 

標準偏差(SD;standard deviation)

標準誤差(SE;standard error)

 

これだけみると、両者は似ている気がしてしまいますが、実は結構違いました(自分的には)。

 

式をみるとその違いがわかります。

 

f:id:abrilliantdonut:20171018224639p:plain

標準偏差(上のδ)

標準誤差(下のSE)

*nはデータの総数、μはデータの平均値、Xiはi番目のデータ

 

つまり「標準誤差は標準偏差をデータ総数の平方根で割ったもの」なのです。

 

この先の式は割愛しますが、結局何を示しているかというと

 

標準偏差はデータの平均値からのばらつき

標準誤差はデータの平均値と母集団の平均値の差異(≒データの平均値自体のばらつき)

 

 であり、

 

標準偏差は平均値±2SDだと「データの95%が平均値±2SDに入る」

標準誤差は平均値±2SE だと「データの平均値が95%で平均値±2SEに入る」

 

ということになります。

 

具体例を示します。

「総数100人から10人選び、体重を測定した。10人の体重の平均値が50kg、

標準偏差(SD)が6.2、標準誤差(SE)が1.97だった」

 

f:id:abrilliantdonut:20171018235236p:plain

 

この場合、

 

10人の体重の平均値は50kg

10人の各々の体重は95%の確率で、37.6kgから62.4kgの間にある

100人の母集団の体重の平均値は95%の確率で、46.1kgから53.94kgの間にある

≒100人からどんな10人選ぼうと10人の体重の平均値は95%の確率で、46.1kg

から53.94kgの間にある

 

ということになります。

*平均値-2SD=37.6、平均値+2SD=62.4、平均値-2SE=46.1、平均値+2SE=53.94

 

図にするとこのようなイメージでしょうか。

 

 

f:id:abrilliantdonut:20171018222659p:plain

 

 

 

 

広告を非表示にする

のこりもの くちにはこばず こおらせる

f:id:abrilliantdonut:20171018213112p:plain

「安くなってたから、ついつい」

 

「残すともったいなくて」

 

沢山買いすぎたり、作りすぎてしまったり。

 

そんな時、せっかくだからといって、食べ過ぎてしまったことはありませんか。

 

そんなときは、自分の口ではなくて、冷蔵庫の一番下の口(冷凍庫?!)に運びましょう!

 

冷凍保存は財布の味方、カラダの味方。

 

冷蔵保存より、鮮度が俄然、キープされますね!

けっとうち さげるしょくごの さらあらい

f:id:abrilliantdonut:20171017140946p:plain

食事をすると血糖値は上昇します

 

そして、そのタイミングでの運動は食後の血糖上昇を抑える方法の1つです

 

食事をしたら、すぐ、テレビの前で横になってはいませんか?

 

皿洗い

 

実は皿洗いで、立って歩いてするだけで、ただ横になっている状態よりも、およそ2倍のカロリーを消費する効果があると言われています

f:id:abrilliantdonut:20171017140733p:plain

(国立健康・栄養研究所;改訂版 身体活動のメッツ表より

http://www.nibiohn.go.jp/eiken/programs/2011mets.pdf)

 

カロリーも減って

 

お皿も綺麗になって

 

ついでに、笑ったり、話したりすると、さらにいいことがあるかもしれません

 

f:id:abrilliantdonut:20171017141343p:plain

f:id:abrilliantdonut:20171017141610p:plain

(http://www.nibiohn.go.jp/eiken/programs/2011mets.pdf)

 

 

一石二鳥以上?!の食後の皿洗い、してみませんか?

すがたみに いまのじぶんを うつしだす

f:id:abrilliantdonut:20171015145301p:plain

 

 

出来ることから少しずつ。。

 

果たして、出来ることって何だろう?

 

それを知るには、まずは、自分を知ること、自分を振り返ることです

 

生活は一人一人、違いがあると思いますから

 

しっかりと、自分自身を知ることが第一歩かもしれません